大いなる力には、大いなる責任が伴う (9月23日)

Uncategorized

パート1: 偉大な力 –> 神の源

マタイ 25:14-18 JCB
天の御国はまた、他国へ出かけたある人のようです。彼は出発前に、使用人たちを呼び、『さあ、元手をやるから、これで留守中に商売をしなさい』と、それぞれにお金を預けました。(15)めいめいの能力に応じて、一人には五タラント(一タラントは六千日分の賃金)、ほかの一人には二タラント、もう一人には一タラントというふうに。こうして、彼は旅に出ました。(16)五タラント受け取った男は、それを元手にさっそく商売を始め、じきに五タラントもうけました。(17)二タラント受け取った男もすぐ仕事を始め、二タラントもうけました。(18)ところが、一タラント受け取った男は、地面に穴を掘ると、その中にお金を隠してしまいました。

1. 「大いなる力には、大いなる責任が伴う」 スパイダーマンのベンおじさん

2. 「神のやり方で、神様の働きをするなら、必要なものは神様から欠けることなく与えられる。」 ハドソン・テーラー

ピリピ 4:19 ALIVE訳
私の神は、イエス・キリストをとおし、自身の偉大な富の中から、みんなに必要なものをすべて与えてくれる。

2コリント 9:6-9 ALIVE訳
しかし、次のことは心にとめておいてもらいたい。つまり、少ししか与えない者は、少ししかもらえないということだ。少ししか種を蒔かない農夫は、わずかの収穫しかあげられない。たくさん蒔けば、たくさん刈り取る。(7)いくらささげたらよいかは、各自が決めるべきだ。自分はこれだけささげようと思っている人に、もっとたくさんささげるように強制してはいけない。神にとって大事なのは、喜んで与えるかどうかだ。(8)神は、必要なものは何でもあり余るほど与えて、不足がないようにしてくれる。それで、必要が満たされたあと、なお十分な余裕があるので、他の人に喜んで分けることができるのだ。(9)聖書にこうあるとおり。 「神を敬う人は、貧しい人たちに惜しみなく与える。 その良い行ないは、永遠に名誉となる」― 【聖書:詩篇112:9より引用】

パート2: どうするか –> あなたの使命

マタイ 25:19-30 JCB
だいぶ時がたち、主人が帰って来ました。すぐに使用人たちが呼ばれ、清算が始まりました。 (20)五タラント預かった男は十タラントを差し出しました。『ご主人様。ごらんください。あの五タラントを倍にしました。』 (21)主人は彼の働きをほめました。『よくやった。おまえはわずかなお金を忠実に使ったから、今度はもっとたくさんの仕事を任せよう。私といっしょに喜んでくれ。』 (22)次に、二タラント受け取った男が来て、『ご主人様。ごらんください。あの二タラントを倍にしました』と言いました。(23)『よくやった。おまえはわずかなお金を忠実に使ったから、今度はもっとたくさんの仕事を任せよう。私といっしょに喜んでくれ。』主人はこの男もほめてやりました。(24-25)最後に、一タラント受け取った男が進み出て言いました。『ご主人様。あなたはたいそうひどい方でございます。私は前々からそれを知っておりましたから、せっかくお金をもうけても、あなたが取り上げてしまうのではないかと、こわくてしかたがなかったのです。それで、あなたのお金を土の中に隠しておきました。はい、これがそのお金でございます。』 (26)これを聞いて、主人は答えて言いました。『なんという悪いやつだ! なまけ者めが! 私がおまえのもうけを取り上げるのがわかっていたというのか。(27)だったらせめて、そのお金を銀行にでも預金しておけばよかったのだ。そうすれば、利息がついたではないか。(28)さあ、この男のお金を取り上げて、五タラント持っている者にやりなさい。(29)与えられたものを上手に使う者はもっと多くのものが与えられ、ますます豊かになる。だが不忠実な者は、与えられたわずかなものさえ取り上げられてしまうのだ。 (30)役立たずは、外の暗闇へ追い出してしまいなさい。そこで、泣きわめくなり、くやしがったりするがいい。』

3. 天の称賛と自分の使命のために生きよう。 「一度きりの人生、すぐに過去にとなり、キリストのために成したことが唯一残ることになる」 — C.T. スタッド

2テモテ 4:6-8 ALIVE訳
私の人生は神へと捧げられる。ここでの人生を去る時が来たのだ。(7)私は神のために忠誠を尽くし、戦いに戦い抜き、人生という名のレースを完走した。(8)そのため、勝者への褒美が私を待っている。 それは、私が神に認められていることを象徴する冠。 完全であり、完璧な裁判官である王・イエスが、最後の審判の日に与えてくれるのだ。 私だけでなく、イエスの帰りを心底楽しみにしている人全員に!

4. 「使うか失うか。」 へンリー・フォード