寛大にいこう! (1月27日)

Uncategorized

マタイ 14:13-21(ALIVE訳)

洗礼者ヨハネの身に起きた事の一部始終を聞いたイエスは小舟に乗り、誰もいない場所へと向かった。しかし、イエスが町を離れたと聞くと、そこにいた人たちも陸つたいにイエスを追いかけた。
小舟を降りたイエスが目の当たりにしたもの、それは・・・
——大群衆!!!
心打たれたイエスは、病人たちをそこで治した。
夕方ごろ——
仲間がイエスのもとに来ていった。
「ここら一帯には、だれも住んじゃあいない。今のうちにみんなを町に帰してあげるってのはどうだ?そうすりゃあ各自、買うなり、なんなりして食事にありつける」
「いや、帰らせる必要はない。おまえたちが食べさせてあげたらどうだ!」
「ちょ、ちょっとご冗談を!ここには5つのパンと2匹の魚しかない・・・」
「それらをここに・・・」
そして群衆を芝生に座らせると、5つのパンと2匹の魚を手に取った。
(ありがとう・・・)
天を見上げ神に感謝を捧げると、ちぎり分けたパンを仲間に渡し、それを群衆へ配らせた。
——「ぷはー無理!もー食べらんない!!」
みんな満腹、イエスの仲間が手つかずの余った食べ物を集めると・・・何と12のかごが一杯に!
その場には、男だけでも5000人以上、それに加えて女と子どももいたというのにだ!!!

1. 計画変わっても大丈夫だよ

2. ’平凡なもの‘に可能性を見よう

3. 家族へ招き入れよう