夢を解き放つ人になろう(牢獄の中でも)パンデミックな状況で リンゴを頭に当てよう

夢を解き放つ人になろう(牢獄の中でも)パンデミックな状況で リンゴを頭に当てよう

伝染病が流行っていた時、田舎に行き木の下で座っていた時に、頭にリンゴが落ちてくることから、世界を変える発見をしたニュートン。

牢獄にいた時、神様が王が見た夢の意味を教えてくれた事を通して、当時のエジプトの総理大臣にまで登りつめたヨセフ。

今日このパンデミックな状況は、あなたにとってどんな時となるかな? 牢獄にいた時も、神様との関係を手放さずに、そこで得た最大のチャンスを活かしたヨセフから、今日俺らが受け取れる4つの「リンゴの瞬間」を覚えよう!

えっ「リンゴの瞬間」って何?日曜のメッセージを聞いてください笑 それがあなたにとっての「リンゴの瞬間」になるから!

🍎1. 赦す
ヨセフは、フェアじゃない理由で牢獄にいたけど、文句たらたらの毎日じゃなかった。心がクリーンだったからこそ、神様が教えてくれた夢の意味を理解し伝えることが出来た。 
神様は、あなたに素晴らしいアイディアや、方法や、絵や、ストーリーや、発見を与えたいって願っている。でも怒りに満ちていたら、その「リンゴ」が頭にぶつかった時にそのインスピレーションを受け取る代わりに、怒り狂ってしまうかもしれないよね。
毎日、赦して心をクリーンにたもとう!

🍎2. 自分がいる場所を学ぶ
ヨセフは、自分がいる場所、状況(牢獄)をよく理解しそこで出来るベストをしていた。
今外に出れない私たちの状況を、理解し、受け入れ、そして今出来るベストをしよう。何かを学ぶチャンスかも!何かを始めるチャンスかも!誰かを教会に誘うチャンスかも!牢獄から出た時にさらに成長した自分でいれるために、今日できることをしてみよう。

🍎3. 人々に仕える
ヨセフは、牢獄の中でも素晴らしい態度を持ち続け、そこにいる人たち(囚人)に仕えていた。
私たちも「誰かに仕える」という姿勢を持つ時、家にいる中でも自分のするべき事が見えてくると思う。そして誰かのために何かが出来ているなら、家にいたとしてもその毎日は充実していく。そしてそれは必ずあなたが家から出られる時の、さらに大きなチャンスにも繋がっていく。
教会にも、あなたがオンラインを通して仕えられるドリームチームがあるよ!

🍎4. 神様が成し遂げるのを待つ
ヨセフには、神様に選ばれたリーダーとなるビジョンが与えられていた。彼はそれを自分で無理やり起こそうとするのではなく、神様が成し遂げるのを牢獄で仕え続ける事で待っていた。

ハバクク2:3 JCB
だが、わたしが計画しているこのことは、今すぐには起こらない。ゆっくりと、着実に、確かに、幻が実現する時が近づいている。遅いように思えても、失望してはならない。これらのことは必ず起こる。忍耐していなさい。ただの一日も遅れることはない。

だから私たちも、今日神様が与えてくれている夢を握りしめ続けよう。もう待ち疲れた? この聖書箇所を声に出して読んでみて。そしてもう一度信じよう。 
神様の約束は必ず成し遂げられる。